スポンサーリンク

「アマゾン」というアセットクラスを設定すべきではないか?

最近涼しくなってきましたね。

寒くなってくると何だか気分も憂鬱になるのは僕だけでしょうか?

どうも僕です。

アセットクラス・・・株、債券、リート、コモディティ、現金などなど様々なものがある。

ここに「アマゾン」とうアセットクラスを追加すべきではないか?という議論が僕の中で起こっている。

アマゾンは日常生活に侵食しすぎた。

アマゾンを利用していないご家庭を探すほうが難しいだろう。

最早アマゾンは先進国株式というくくりで片付けるのはどうかと思い始めた。

家の近くでアマゾンのダンボールを満載した配送トラックを見かけた。

僕は恐怖した。

バフェット太郎さんの本がアマゾンで販売された。

僕は恐怖した。

アマゾンを保有しないことは大きなリスクになるのではないのか?

このままアマゾンが成長を重ね、買収を重ね、どんどん巨大化していくとしたら。

アマゾンは神になるかもしれない。

これからは株・債券・アマゾンにバランスよく投資することが適切な資産配分になる論をここに提起したい。

アマゾンはグロース株でもディフェンシブ株でもない、アマゾンなのだ。

8資産均等ファンドはアマゾンを追加して9分割となる。

アマゾンが神になってしまうリスクを考えなければならない時が来た。

神へのヘッジなのだ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
もうちょっとで底です
スポンサーリンク