スポンサーリンク

【TSLA】テスラモデルS・モデルX見てきたよ【画像大量】

テスラデザインスタジオ横浜

横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい 1F

までわざわざ行ってきたよ。

ここはディーラーではなくテスラを知ってもらうためのショールームだそう。

2018年10月31日(水)までの設置となっているようだ。

Model S とModel Xが展示してあった。

ちなみに店員さんの対応は非常に良かった。

国内ディーラーも色々行ったことがあるのでその話はまた別に書こうと思う。

僕が入った時は他の客誰もいなかった…。

後から数人入ってきたかな。

さっそくモデルSから見ていくぞ。

う~んこれはカコイイ!

ショールームだとそこまで全幅大きくは見えないんだけどな。

早速乗ってみる。

ドアにも革調の装飾が施されている。

流線型のデザインが特徴的。

中央にクソデカディスプレイが鎮座。

余計なボタンがなくスッキリしている。

このあたりはボタンだらけの他社と大きく違う。

インパネはピアノブラックと革のシンプルなデザイン。

ピラーはアルカンターラっぽいかな。

高級感はまあまあといったところか。

マツダ感がある。

ナビゲーション画面。

グーグルとの共同開発で搭載しているとのこと。

ただグーグルマップが表示されているだけではないようだ。

ちなみにスマホのようにブラウザでネットサーフィンすることも出来る。

バックカメラも大きく表示され画質はとても綺麗。

走行中でも映るらしいので煽り運転のクソ野郎をチェックすることも出来るぞ。

モデルSはエアサス標準装備とのこと!

VERYHIGH~LOWまで調整可能。

薄いがジャッキモードなるものも確認できる。

その下には一定以上の速度で車高が自動で下がると思われる設定項目もある。

エアサスは故障すると修理代がクソ高いのがネックだが…。

助手席と小物入れ。

フロアにシャフトやマフラーが通っていないのでスペースは深く確保されている。

後部座席。

全長がクソでかいので足元スペースは十分。

エアコン吹出口が後席にもあるが温度調整ダイヤルはない。

USBポートが2つある。

BMWとかの上位グレードには後席にも独立温度調整が出来るようになっているモデルもあるのだが。

ラゲッジも十分。

手前の下は深くなっており追加で荷物を積める。

バッテリーはフロア下に搭載されているため荷室は圧迫されていないと思う。

左後ろ反射板の中に充電口。

ポリバケツブルーだ。

ホイールは19インチ。

この値段の車ならもうちょっと頑張ってほしい。

ハイパー塗装のカッコイイホイールを標準装備でお願いしたい。

展示車は75Dだったと思う。

税込み990万。お高い…。

性能的には75Dで911カレラSと同等の加速力なので尋常ではない。

P100DはGTRやヴェイロン並らしいので市販車最速クラスだろう。

続いてモデルXに行くぞ!

2列めのドアがファルコンウィングドアの特徴的なモデル。

フロントウインドウが運転席上部まで続いていてとても開放感がある。

こんなん開け閉めするの大変やんけ!という懸念の声が聞こえてきそうだが安心してほしい。

全て電動である。

室内のボタンやリモコンキーで操作できるようになっている。

2列めシート。

3列目に乗り込むために運転席からでも電動で前に動かすことが出来る。

2列めは2座でゆったり仕様。

これはP100Dという最上位モデルでクソ高い。

テスラはベンツのようにハンドル後ろにセレクターレバーがついており、フロアにシフトレバーはない。

モデルSとの違いはモデルXの方がより電動化が進んでいることだ。

なんと全てのドアが電動で開き・閉じるのだ。

今回はキーがなかったが、キーを持っていればドアが開き、ブレーキを掛けるとドアが閉じ、走り出せる状態へ自動でなるそうだ。

見えないところで店員さんが開け閉めしている訳ではないぞ!

そんなん隣の車にぶつかるやんけ!とツッコミを入れている人がいるかもしれないが安心してほしい。

センサー付きでぶつかることはないぞ。

ファルコンウィングドアは上方向に開くがそちらにもセンサーがついておりぶつからないとのこと。

これで迎えに行ったらモテモテじゃね?

是非独身男性は購入を検討して頂きたい。

テスラ株で儲けてテスラを買うんやで!

モデルXもエアサス装備だ。

エンジンがないためフロントにも収納スペースが有る。

テスラ車用ではない一般充電器用のアダプターが入っていた。

結構デカそう。

わざわざこれを付け替えて充電するのはスマートじゃないですね…。

ラゲッジも十分広い。

ホールは20インチ。

もうちょっとデザインなんとかならんのか?

展示車の価格。1,934万。

草。

消費税分で僕の車(中古)が買えるんですがこれは?!

おまけに店頭ポップみたいなやつ。

初回車検費用50万は高く見積もりすぎでしょ!

と思ったがモデルSと同等クラスだとスーパースポーツカーレベルなのでそのくらい掛かってもおかしくないかも。

あとはなんとなくだがテスラ車はボディが分厚く作ってある感じがした。

モデルXで車重が2.5トンあるらしい。

オモスギでしょ!

それでこの加速性能は半端じゃない。

自動運転機能についてはまだ日本で許可されていないためロックが掛かっているとのこと。

だがレーダークルーズコントロールやウィンカーを出すだけで自動で車線変更出来る機能が使えるとのこと。

あくまでハンドルに手は添えていなければならないが。

今回は試乗はしていないが明らかに国産車よりも先進性を感じる。

ワクワクする車であることは確か。

キャッシュが尽きそうだと言われているが社債でも発行すればなんとかなるでしょ(適当)。

テスラへの投資は危険という意見はまあ正論アンド正論だとは思う。

あとはモデル3。

モデル3はコストカットの為部品のサプライヤーを変えていたりするようなので。

価格は35,000ドル~となっているがそれはバッテリーの容量も小さく自動運転機能もついていないらしい。

ロングレンジモデルに自動運転のオプションを付けると500万オーバー。

割高感は拭えないか。

追記

内装の質感が値段の割りに何か足りないような気がしてならないんだよな…。

高級っぽいだけみたいな。

皮を貼っただけみたいな。

車は実用性も大事だからタッチパネルは運転中は扱いにくいしな。

速さと維持コスト以外なら他社の方が明らかに上。

1000万以上出すならベンツのEやSの方が内装外装ともに圧倒的に良い。

そろそろ大手メーカーもEVに本格的に参入し始めるようなのでそれに打ち勝てるかどうか。

現状のままだと厳しいかな。

作りが違いすぎる。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
祝アニメ化
スポンサーリンク