スポンサーリンク

AMZN急落!という風潮

前々から言いたかったんだけど。

散々爆上げしてきた株がちょっと下がったくらいで急落!急落!言うのに違和感を感じる。

世界の終りのような雰囲気出すから。

まあ確かに時価総額で言ったらすごい金額だろうけど。

株業界の急落の守備範囲広過ぎませんかね?

1~2%で言ってる時ない?

急落を軽い気持ちで使いすぎてると思う。

パチンコの激アツの安売りに通じるものがある。

超激アツとか訳わからんもん。

昔は激アツ=当確みたいなもんだったのに。

最近は激アツ50%とからしいもんな。

ひどい。

株も超急落とか作った方が良いんじゃないか?

小急落(CHANCE?)

中急落(CHANCE?!)

大急落!(CHANCE!!)

超急落!!(激アツ)

パチンコならこう。

という訳でアキュセラとかフェイスブックくらい下落した時に使って欲しいです。

それはそうとアマゾンは急落(誤用)してますがそろそヤバイんですかね?

アレクサレンジ天井を形成したのかな?

全然分からんけど。

<キュウラクゼミが鳴いてる!

和名:キュウラクゼミ

(学名:Uriaorizemi)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
祝アニメ化
スポンサーリンク