iFreeNEXT FANG+インデックスは生きてますか?

投資信託

おはようございます。

どうも僕です。

最近ハイテクが急落したので

FANGが~とか

GAFAが~とか

なんだか知らないですけどうるさいですね。

溶けやすさ抜群のFAFAかな?

と思った人も全国には何人かいると思います。

僕もその一人です。

確かにGAFAも株価溶けやすさ抜群なのかもしれませんが。

そういえば今年の始めにiFreeNEXT FANG+インデックスなる投資信託が設定されていたので生き残っているか見てみます。

1/31の基準価額が10,000円。

12/12の基準価額が9,743円。

まだ慌てる時間じゃない。

設定来は意外と耐えてますね。

もっとやられてるのかと思いました。

構成銘柄です。

10種を均等に持つようです。

まさかのテスラですね。

黒字化の見通しが立ってきたようなので最近爆上げしましたもんね。

こうやって見るとハイテクグロースでも10種程度に分散すればなんとかなってます。

こういうテーマ型投信が設定される頃が天井なのでしょうか?

素晴らしい過去リターンの投信です!って販売しやすいからですかね。

この10種は買ったら危ない銘柄ってこと…?!

ヤバイよNVDA入ってるじゃん…。

とは言えハイテク産業が儲からなくなった訳ではないですからね。

ポートフォリオの一部分にハイテクセクターは入れておくべきだと思います。

主要指数はハイテクが多すぎると言われていますが特に問題ないと思います。

実際S&P500に勝ち続けている人なんてほぼいないですからね。

NVDAだけ助かって欲しいです。(自己中心派)

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
自由うさぎ党へ清き一票をお願いします
スポンサーリンク