【ソフトバンク】とんでもないIPO

IPO

おはようございます。

どうも僕です。

世紀の大上場が終わりましたね

初値1,463円(△2.4%)

終値 1,282円(△14.5%)

この結果には驚きました。

この規模でこの弱さ。

一応僕も初値予想をしてみたのですが大外れですね。

ギリ1,500円は一度は付けると思いましたが…。

リターンに対してリスクが見合わないという理由でこのブログでは不参加を表明していました。

ここを参考にしている人は殆どいないと思いますが…。

今後のIPOにも悪影響が出る歴史に残る上場失敗だと思います。

公募価格が高すぎたのでしょうね。

1本値というのも謎が深まります。

不人気なら仮条件広く取って安く発行することも出来たでしょうから。

何らかの公表できない理由があったのではと憶測してしまいますね。

私もしばらくIPO投資をしているので数点書いておきたいことがあります。

事前情報について

今回もいろいろな所で初値予想情報等が公開されていたと思います。

特に目立ったのが過去の大型IPOは初値で上がっている!みたいな情報です。

過去のIPOの結果は今回のソフトバンク上場にはなんら関係ありません。

あれは全く参考にはならないと思います。

参加判断をする際に必要なのは現在の発行価格に対するバリュエーションです。

それとIPOの初値は人気投票(投機)の色が強いので皆が欲しがっているか?が重要になります。

あと地合いもですが。

今回は

割安感無く

人気も無し(SBIでダブつき確認あり)

地合最悪

(全数売出し)

と悪条件が重なりました。

結果論にはなってしまいますが初値予想も振るわない状態でリスクを取って参加する意味は無いと判断したので私は回避しました。

証券会社では上がりますよ!と言って販売しますが、販売後はしらんこっちゃです。

過去のデータを当てにして投資するのは止めたほうが良いと思います。

あとIPO投資はクソなのではという声を見かけましたが、今はネットで最新の情報が簡単に手に入る時代なので微妙銘柄を全て避ければ大きくマイナスをくらうことはまずあり得ません。

予想サイトも初値予想額がまちまちなのでどこが信頼できるかの判断は必要ですが。

IPO売却タイミングについて

初値売が鉄則です。

プラスのときも初値売り、マイナスの時も初値売り。

プラスの時はもうちょっと上がるのでは?と欲が出たり、マイナスの時は戻すのでは?と欲が出ます。

チャートに張り付いて売却タイミングを窺っても底で売ることになる可能性が高いです。

利確する勇気と損切りする勇気が必要です。

微妙銘柄はしっかり避けてほぼ勝ち銘柄のみでこのルールを守れば悪くない結果になると思います。

何年もやっていますがこの方法が最もストレスもなくトータルリターンも良いいと身をもって感じています。

まあ最近当選率の低下が激しいですが…。

大手IPOブログは莫大な資金を持っていたり、何か優先的抽選を受けているのではないかと勘繰ってしまいますね。

私は全て初値売りルールを設けているのでマイナスになった場合でも全てカットします。

口が悪いですが初値でプラスにならないIPOはクソ株です。

公募割れ価格から上がるかどうかなんてことは誰にも分かりません。

それが分かれば個別株投資ですぐに億万長者になれるでしょう。

数年前に高配当の触れ込みで上場した郵政です。

何年持てば回収出来るのでしょうか?

私は個別株はギャンブルと割り切っている方なので郵政を持つくらいならVTなどのファンドに資金を入れておいた方がずっと現実的なのではと思いますね。

配当が続く保証などありませんし、それこそ元本がそれ以上に下落したら元も子もないです。

私なら即カットです。

 

ソフトバンクは新規事業を積極的に行っているので上にも下にも大きく振れる可能性が高いと思います。

特にホルダーの方にわざわざカットを勧めるつもりもないですが。

それは結果論になってしまいますからね。

この先上がるか下がるかは2分の1です。

結果的に上がったから、はい上手!

結果的に下がったから、はい下手!

とかそういう話はなんか違うと思いますね。

ソフトバンクを買っている人がどれだけソフトバンクの事を理解しているのか疑問です。

配当貰えるから…というお祈り投資はあまりオススメ出来ません。

以上、NVDAお祈り投資をしている私からのIPO雑感でした。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
今日は米国市場休みらしい
スポンサーリンク