AMZNvsディフェンシブ銘柄!!

投資話

おはようございます。

どうも含み損フレンズです。

含み損記事の時はアクセスが多いですね。

暴落×含み損

最高のエンターテインメントです。

ブログ辛い。

18組のブロガーも正直辛くなって来たところだと思います。

こうなると毎日含み損晒すだけですからね…。

なんというドM変態行為でしょうか?

特に他人のスクショ付き公開は痺れますよね。

ご飯がおいしいです。

とはいえ僕もインデックスメインなので他人が損してる=僕も損してる、なのですが…。

 

たまにはちゃんとした記事を書くぞ!

最近ディフェンシブ銘柄というものに疑問を感じています。

気になる銘柄の年初来リターンを調べてみました。

タバコ銘柄がディフェンシブ銘柄か知りませんが何か崇拝されているので入れておきました。

お分かり頂けたであろうか?

これが現実なのです。

AMZNを買えば良かった!!という話ではないですよ。

タバコ銘柄は過去のリターンが良かったからオススメ!みたいな記事を僕も沢山読んできました。

が、この結果です。

勿論これは結果論なので違う世界線では規制されず順調だったかもしれません。

実際に結果が出るとディフェンシブ銘柄やオススメ銘柄なんてものは存在しないのでは?と考えさせられます。

どんな優良企業も法規制、事件、事故、環境変化がランダムに起こります。

これは誰にも予想出来ません。

過去の決算書をいくら分析して予想を立てたところで不確実であることは確かです。

大暴落したタバコ株を拾えば今後有利であるのが簡単に分かるのであれば、そもそもここまで下がらないはずです。

僕はこの中ならVTを選びます。

新興国の下落に引っ張られて今年のリターンは悪くなっていますが最も不確実性を排除出来ると思うからです。

確かにS&P500かVTのどちらが勝つかの丁半博打をするのであれば僕もS&P500賭けるかもしれません。

それくらい米国企業には強さを感じます。

ですが今後大金を張っていく以上丁半博打であるのは困るのです。

まあVTも半分以上が米国株なのでリターンも米国株次第になってしまいますが。

あとJNJのベビーパウダーの件ですが、確かにベビーパウダー関連の売上構成比率は低く業績自体に与える影響は少ないかもしれません。

これはただの感想ですがこの件が事実であればJNJは、

とんでもない外道の碌でなし企業

と思うのが一般消費者としての意見ではないでしょうか?

株価がどうなるのかは興味ありませんが。

 

確かに過去ディフェンシブだった株は存在します。

現在も比較的ディフェンスしそうと感じる株はあります。

が、ディフェンシブだと言い切れる株なんてものは存在しなのではないか?理論を提唱したいですね。

あと今AMZNかタバコ株のどちらか買えと言われたらさすがにタバコ株を買いますが…。

実際に下落が始まると皆さんも気づき始めたと思います。

個人ブログがオススメしている株を適当知識で買ってはいけないことを!!

あなたの持っているディフェンシブ株、本当にディフェンシブ株ですか?!

はいという訳で

誰か僕のNVDAを

助けてくださあああああい!!!!!!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
含み損は未来の利益
スポンサーリンク