アップル、円環の理に導かれ逝ってしまうのか?

米国株

おはようございます。

どうも僕です。

取り敢えず惰性でブログを更新している所存であります。

アップルが2018年10-12月期の売上高見通しを840億ドルに引き下げたそうです。

従来予想より約8%も少ない金額だそう。

これを受けて時間外で株価が急落したみたいですね。

とは言え直近の高値から30%以上下げているのでもうあんまり変わらないでしょう。(笑)

今後AAPLが投資家に良いリターンをもたらすかは誰にも分かりません。

それが分かれば苦労しないですもんね。

円環の理を知っているでしょうか?

別名、平均への回帰。

去年は円環の理に導かれて逝ってしまった株が沢山ありました。

実際に市場のウォッチをしていましたし、個人投資家の気持ちをブログなどで読んでいたので回帰を肌で感じることが出来ました。

市場観察、個人投資家観察はあまりしないほうがいいのは分かりますが、爆益から爆損に変わるのを実際に見れたのは勉強になったと思います。

すべての株はいずれ円環の理に導かれるのである

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
更新の励みになります
スポンサーリンク