ETFと投資信託の本当の違いを教えましょう

投資信託

おはうさ~!

どうもつみたてバニーサです。

ETFにするか?投資信託にするか?みたいな話を度々見かけるので私が本当の違いを教えてあげましょう。

分配金に課税されるとリターンが悪くなるぅ??

外国税額控除ぉ??

銘柄開示ぃ??

そんな些細なことはぶっちゃけ関係ありません。

ETFは超テイコスト、投資信託もテイコストな物が充実しているため気にするような差にはならないでしょう。

そんなことを考えている暇があったら自販機の下でも漁った方がお金は増えます。

一番の違いはですね…夜中に現れるんですよ…。

米国株は夜行性ですからね。

投資信託の場合

どうでしょう?

米国市場が開いていてもバニーサちゃんの投資信託は微動だにしません。

特に気にせず安心して眠ることが出来ます。

ETFの場合

どうでしょう?

ETFの場合は市場価格に合わせて激しく動きます。

これではバニーサちゃんの安眠も妨げられてしまいます。

まとめ

結果的には同じじゃん!とかいうマジレスをしてはいけません。

気分の問題です。

ですが意外と重要なことなのです。

このように枕元にぬいぐるみを置くマグロを置くかくらいの差があります。

ぬいぐるみの場合は夜に一度ブルッと震えるくらい(たまに吐血しますが)なので大して気になりません。

さらに個別株の場合はガラスを突き破って家の外に出てしまうこともあります。

やっぱりマジレスすると

冗談で書きましたが真面目な意見も書いておきます。

現在はテイコストインデックス投信が普及したため殆どの人は投資信託の方がメリットは大きいでしょう。

外貨両替不要、自動積み立て、分配金なしで再投資される、確定申告不要。

証券会社の円貨からも買えますが為替手数料が高いですからね。

住信SBIとかから振り替えないと。

ETFの方が信託報酬が安いですがもうそこまで詰める必要性は感じません。

ETFは特殊戦略をやりたい人、特定のETFに思い入れの強い人向けの商品だと思います。

でもETFの方がなんかカッコイイよな

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
高配当は地雷
スポンサーリンク