配当貴族ってマジで勝てるの?!

投資話

おはうさ~。

どうもつみたてうさぎです。

昨日は免許証の更新に行ってきました。

優良運転兎なので30分の講習のみで済みました。

トータルで1時間30分、3,000円でした。

まあこうやって日頃の行いがいいと負担も減るものです。

最近は煽り運転事故なんかが多いので運転には気を付けていきたいと思います。

更新の時に写真撮るじゃないですか。

なんであれはカッコよく写らないんですかねぇ?

毎度犯罪者みたいになって困ります。

もっとイケてると思うのですか…。

免許証の写真撮るたびに年取ったなあ…って感じます…。

現在私は主要インデックスのみの投資となっていますが配当貴族指数が気になったのでさらっと見てみます。

S&P 500配当貴族指数

S&P 500配当貴族指数は、S&P500構成銘柄のうち、過去25年間連続して毎年増配している優良大型株のパフォーマンスを測定します。

野村インデックスファンド・⽶国株式配当貴族では約50銘柄2%づつ均等保有しているようです。

配当利回りは現在2.5%

上位10銘柄

セクター比率

 

セクター比率はS&P500と大きく違いますね。

ハイテクがかなり少ないです。

俗に言うディフェンシブって奴ですかね。

今後ディフェンスするのかは知りませんが。

なんか過去のリターンはむちゃんこ良かったらしいですが最近のリターンを見ていきましょう。

10年

5年

3年

1年

まあ期間によってどっちもどっちじゃね?ってとこですかね。

もともと最初に私が興味を持ったのも「過去のリターンがいい」からなんですよね。

じゃあそれ買っとけば最強じゃね?って話になりますよね。

でもその理由で買ってしまうとひふみを後追いで適当に買ってるのとなんら変わらないです。

配当貴族に投資するなら今後も配当貴族に投資した方が良いと言える理由を見つけなければなりません。

もし配当貴族に投資するだけで簡単にS&P500をアウトパフォーム出来るのが分かっていれば皆そうするでしょう。

さらに皆がそうすれば将来の超過リターンを織り込んだ割高な株価になっているはずです。

効率的市場の考え方ですね。

そうなると配当貴族株の超過リターンは失われることになります。

私も配当は当然リターンに大きく関わる重要な要素だと考えていますが、配当貴族への投資が有利であるのかは全く見当もつきません

誰もが知っているような情報は既に織り込まれていると考えています。

勝ち負けがいつかつきますがどちらが勝つかは運だと思います。

あとは信託報酬が0.54%なのが痛いですね。

せっかく配当銘柄集めているのにスリム米国株と比べると0.4%分損しています。

やはりS&P500への投資が一番リスク・リターンのバランスがいいかなと。

簡単に勝てる聖杯があるのなら教えてほしいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
更新の励みになります
スポンサーリンク