株高…やだなーやだなー怖いなー怖いなー

雑記

投資家の話なんですがね、米国株を買い始めた、まあ仮にB君としておきましょうかね。

念願の証券口座を開設して

やっぱこうなると、やっぱり含み益がほしいわけですよね。

かといって、おいそれとのるもんじゃないんで。

「なんかいい米国株はないかな」なんて思ってたら、そんなときに村民から

「高配当株への投資が有利らしいぞ」という話をした。

で、

「ええ、それどんな企業?」って聞いてみると、アメリカの有名食品会社のバフェット銘柄だって

バフェット銘柄っていうのが気に入って。「いいなあ」と。

「まあ、いくら1株から買える米国株でもたぶん自分じゃ買えないだろう」と思いながら

「ねえ、売りたがっているって、いくらで売るって言ってるの?聞いてくれる?」

となると、これがまあ合併して4年ほど経っているんですがね。

世界第5位の食品メーカーとなるくらい補強してある。

で、調子はいいんですが、1周間ほど前にね、NASDAQを飛ばしていてウォール街の壁に頭から突っ込んじゃった。

そんなもんだから、そのフロントのほうは少しこの修理をしたんで。

それと粉飾決算の疑惑もあるから「34ドルでいい」って言ったの。

「34ドルだったらな、買えない額でもないしな」と思って、

「おい、悪いけどさ。それ譲ってもらえないかな?」

で、友達に頼んでもらって。で、手続きも済んだわけだ。

自分のものになった。

これはもう含み益を載せたくてしょうがない。

そうこうして、いよいよその株を取りに行ったわけだ。いや、よし儲けてやろう。

ねえ。

NASDAQを飛ばしてみたくなる。

相場は天井域ですからね、大衆は楽観ムードですけど、ちょいとツイッターに出ると、まだ米国株弱気派がだいぶ残っているんで。

今日はここまで。

出典:稲川淳二の怖い話

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
自由うさぎ党へ清き一票をお願いします
スポンサーリンク