ひふみの純資産額デカすぎワロタ

雑記
銘柄 億円 信託報酬
フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド 6,530 1.7064%
フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし) 6,388 1.512%
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) 6,291 1.788%
ひふみプラス 6,016 1.0584%
新光 US-REIT オープン 5,955 1.6524%

楽天証券で取扱のある投資信託2,656件を純資産の大きい順に並べたトップ5です。

USリートが多いですね。

対面証券で大量に販売されたと思われます。

信託報酬高いですね。

もったいないです。

実際テイコスト商品が多く普及したのはここ5年くらいでしょうか?

以前はこのくらいの手数料が当たり前の時代だったんでしょう。

それにしてもひふみプラスデカすぎワロタ。

ちなみにひふみプラスは各証券会社で買えるひふみなので直販のひふみもあります。

参考までにテイコストで以前から人気がると思われる<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの純資産は1,171億円です。設定日2013.12.10。

ひふみプラスの設定日は2012.05.28です。

ひふみの資金流入は半端ではありませんね。

テレビ効果は大きかったですね。

ここまでデカくなると主要インデックスに連動するのは当然なんでしょう。

2月のレポートによると海外株式が約12%含まれているようです。

もっとガンガン外国株増やすしかないと思いますが。

ちょっと楽天証券の投信を眺めていて気になったので簡単にまとめてみました。

今日はこれだけです。

では。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
キャンセル大将敗北者!!
スポンサーリンク