金投資について

投資話

おはうさ~。

どうもつみたてうさぎです。

今日は金投資について思っていることを書きます。

まずはチャート。

金については適正価値がよく分からないので過去チャートは株よりも重要かもしれません。

2011年頃に高値をつけその後じわじわと下落しています。

リーマンショック前は60ドル前後だったようなので現在122ドルだと約2倍になっています。

しかし180ドルの高値からは33%くらい下落しています。

長期的にはインフレに合わせてじわじわ上がるとみるか、すでに飽和状態とみるかですね。

楽天証券より金価格の長期チャートです。

世界で金ETFが広く普及し始めたのが2004年頃だそうです。

日本では2008年に最初の金ETFが上場したようです。

個人的には金ETFの登場により個人投資家の資金が流入したことによる価格上昇効果が大きいと感じます。

金相場上昇×金ETF登場

私も金については殆ど知識がありませんがざっと見た感じバブルを感じますね。

金は持っていても何も生み出さないので投資価値は無い、という考え方があります。

バフェットでしたっけ?

金を1億円分買って部屋に置いておいても邪魔なだけです。

株は1億円分買うと沢山の配当が貰えます。

金はそれ自体の価格が上がるのをひたすら待つしかありません。

信託報酬もかかります。

スパイダーのもので0.4%だそうです。

私もこの考え方に概ね同意なので積極的な金投資は考えていません。

使うとすれば、株との逆相関はある程度ありそうなので、リスク分散としてポートフォリオに少し組み込む程度が良さそうですね。

ウォール街のランダムウォーカーで金投資の安眠度は最悪の7(深刻な不眠症)という位置づけになっています。

最も価格の読めない投資対象ということです。

・もし「より馬鹿」な投資家が大挙して参入すれば短期的に価格が暴騰する可能性もあり。

・金融パニックやハイパーインフレに対する有効なヘッジ手段として信じられている。

「信じられている。」というところがポイントですね。

ETFや投資信託の普及により一定の資金流入は見込めそうですが金人気も陰りが出ているように感じます。

それと、有事の金と言われていますが長期チャートでは大してディフェンスしていないようにも見えます。

金ピカが好みではないという理由もありますねw

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
キャンセル大将敗北者!!
スポンサーリンク