【IPO】郵政三銃士を連れてきたよ

おはうさ~。

どうもつみたてうさぎです。

たまにはIPOの話を書きましょう。

2015年の大型上場、郵政グループのその後を確認してみたいと思います。

※2019年8月14日現在

銘柄 公募価格 初値 上場来高値 現在
かんぽ生命保険 2,200 2,929 4,120 1,554
日本郵政 1,400 1,631 1,999 997
ゆうちょ銀行 1,450 1,680 1,823 997

ついに郵政、ゆうちょも1,000円割れましたね…。

実際は配当が数年分出ているはずなのでトータルリターンはもう少し良いと思いますが。

当時は安定高配当株とか資産株とか言われていたように記憶しています。

土地建物持ってるから割安~なんて証券会社の人も言ってたような。

郵政の社長も預金感覚で安心して持てる株とか言ってたような気がしたんですけどね。

そんなこと言っちゃっていいのか?!と思いましたが誰か覚えてないですか?

動画は見つかりませんでした。

まあ安心して持てる株なんてものはないはずですが。

超大型上場なので初値はあまり期待できないと言われていましたが、かなり良い初値が付きました。

とくにかんぽ生命は。

その後の調子もよく三社ともズルズル上がっていったんですよね。

かんぽなんて公募の倍近くですよ。驚きです。

現在はお察しですが。

これだけの大型株が比較的短い期間で半額になるのを見ていると、効率的市場なんてものはないのでは?とちょっと思ってしまいますね。

業種的にもある程度の予想は出来そうに思いますが。

上場が2015年の11月だったので日経平均の様子を見てみます。

郵政買わずに日経平均買ってた方が安定でしたね。(結果論)

貯蓄から投資へぇぇぇぇぇぇぇぇ!!で初めて株に手を出した人も多かったのではないかと思います。

公募で買っててもトータルマイナスですからね。

まあ公募組はいくらでも売り抜けられるタイミングあったので流石に自己責任でしょう。

かんぽの度重なる不正で信用もなくなり今後もさらに厳しそうですね。

これは結果論の話なので余り意味ないかもしれませんが、多くの人が個別株投資のリスクを身を持って感じたと思います。

私は人に勧められる投資は世界株50債券50ぐらいのバランスファンドがギリギリかなと思っています。

それ以上は特別好きでやる人でない限り不要かなと。

初値ぶん投げカスうさぎ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
更新の励みになります
スポンサーリンク