ランダムウォーカーの一部はインデックス以外でっていう話はさあ

おはうさ~。

どうもつみたてうさぎです。

皆さんも当然読んでいますよね「ウォール街のランダムウォーカー」。

読み返すのが面倒なので確認はしませんが(手抜き)その中に、

・メインはインデックスで一部はインデックス以外の投資をするのもアリ

・メインをインデックスにしておけばそれが失敗しても大して問題はない

みたいな記述があったと思います。(多分)

皆さんはこれをどう感じましたかね?

よーし!お父さん、個別株投資やスマートベータにチャレンジしちゃうぞ!

と思った派ですか?

個人的には、

マルキール「どうせお前ら余計なことして失敗するんだからちょっとにしとけよwwwwwwwちょっとならクソ投資しても死にはしないだろwwwwwww」

って煽られているような気がしたんですが。

考えすぎですかね?

もともとマルキールはインデックス投資以外を馬鹿にして煽るイメージが強いんですよね。

私もランダムウォーク理論や効率的市場仮説を信じている方です。

なので彼の煽りスタイルは好きですが。

この辺も読み手によって感じ方が変わってくると思うのですがどちらが多数派なのでしょう?

私には彼の皮肉に読めてしまうのですが。

 

最近少し市場が下がりましたけど特にコメントすることはないです。

ランダムウォーク理論支持者としては余計な情報は害になると思っています。

未だにバリューVSグロースの戦いが行われているようですが、どちらが勝つかは結果論であまり意味のない話だと思っています。

勝ったり負けたりの繰り返しでしょうから。

無能はうさぎでも一つだけ分かるのは、流行りの株や調子のいいセクターに後乗りしていくことが最悪だということです。

煽り判定士

う~んこれは煽りw

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
面白かったら押してください
スポンサーリンク