【超簡単】銘柄分析している暇があったらうさぎさんをすころう

雑記

おはぶち~。

おちんぎんぶちこみうさぎです。

当ブログをご覧の方には初心者()の方もいらっしゃるでしょうからうさぎさんの投資宗派をお教えします。

ザックリと簡単に説明します。

効率的市場理論という考え方があります。

うさぎさんは概ねこれを信仰してします。

効率的市場理論にはセミストロング型とストロング型の2種類があります。

セミストロング型

こちらは既に公開されている情報を分析しても超過リターンは得られないという考え方です。

誰しもが得られる情報は全て株価に織り込まれているため、銘柄分析・情報収集は無意味ということです。

私もこの宗派です。

決して銘柄分析が面倒くさいからという訳ではありません。

ストロング型

こちらは公開・未公開を問わず全ての情報は株価に織り込まれているという考え方です。

インサイダー情報でさえ織り込まれいるという考え方らしいのですが、さすがにそれは言い過ぎでは?と思います。

実際にインサイダーで莫大な利益を得ている人間はいるでしょうからね。

元ネタ:退職金ぶちこみ太郎の株式投資

効率的市場理論を信じるとすれば、一部の界隈で言われている米国株割高、新興国株割安の理論も

ほんとぉ?

と思うところがあります。

現在分かっている情報は全て株価に織り込まれているため地域についても有利な投資はそう簡単には出来ないはずです。

50年くらい前なら色々な指標による分析は有効であった可能性が高いと思いますが、現在のようにすべての情報が即反映される環境では効率的市場理論がより強力になっていくと思っています。

あまりにも古いデータは役に立たないんじゃないかと。市場環境の変化もありますしね。

バンガードフェアバリューCAPEについて

参考までにVWOの2019年6月の構成割合ですが、正直このあたりの国から安定したリターンがもたらされるのかは疑問に感じます…。

ついに投資先は新興国株だけでいい、という人が現れたようですがどう考えてもリスキーでは?と思います。

とはいえ新興国株を特別嫌っている派でもないので一定割合は買っていきたいと思います。

↓成功している投資家はブログ村から情報を得ています↓

是非眉唾感覚で読んでみてはいかかでしょうか?

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
この画像も伝わらない時代か?
スポンサーリンク