SPYD買いました

50万円分ぶちこみ太郎しました。

正直コロナウィルスのパンデミック化が怖いところがありますが、折角のチャンスなので今回はしばらくぶちこんでいきます。

取れるリスクの範囲で。

コロナウィルスについては上場しているような体力のある企業はしばらく経済が停滞してもなんとかなるでしょうが、中小零細は長期化すれば死活問題になるので心配ですね。

早めに収束の目途が立つことを祈ります。

新興国にもぶち込みたいのですが相変わらずサクソバンクが特定口座に対応しないので待ちます。

どうせ上がらんでしょ。

たまのブログ更新なので最近話題の高配当戦略について書いておきます。

なんか高配当は配当課税されるから必ず不利みたいな話が出ているようですがズレた話だと思いますね。

高配当戦略は数あるスマートベータの一種みたいなもんなので必ず不利とか必ず有利にもならないはずです。

雑な括りかもしれませんがバリュー投資の一種と考えれば、投資期間によっていい期間と悪い期間がランダムに出現するだけです。

そのランダム性が予測できないから市場全体を取得するインデックス投資が良い、っていういつもの話に帰結するわけで。

ランダム性を嫌う人は市場全体を取得するファンドに投資すればいいですし、現在からのリターンが配当・バリューに優位性を感じる人はリスク取って勝手に買えばいいでしょう。

別に高配当投資は特別良いものでも特別悪いものでも何でもないと思いますが。

仮に全く同じ内容のファンドで、収益分配ありと無しが選べて、かつ、収益分配なしの方が内部的に配当課税されないのであれば、当然分配無しの方がリターンは良くなるでしょう。

そんなことは計算しなくても分かりますよね。

実際の高配当投資とそれ以外の投資では当然中身が全然違うのでちょっと課税されるから絶対リターンが悪くなるなんてことはないと思いますが。

まあ何が言いたいのかと言うと、

高配当系の投資はただのオカルトスマートベータ投資です。

参考までに他のオカルト投資を紹介します。

投資先は米国株だけでいいオカルト投資法

投資先はハイテク株集中でいいオカルト投資法

投資先は割安な新興国株オーバーウェイトでいいオカルト投資法

投資先は真の高配当優良株5種だけでいいオカルト投資法

などなど沢山あります。

どれもVTに逆らうオカルト投資法なので覚悟を持って楽しく投資しましょう。

おわり。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク