B450 Steel Legendで自作PCを作るよ

i7-6700からRyzen7-3700Xに換装するよ

今まで使っていたウルトラハイスペックだと思い込んでいたi7-6700から真のハイスぺックRyzen7-3700Xへ換装します。
3倍の速さが手に入るらしいです。
CPUとマザーボードを新たに購入し、他は流用します。
先に言っておきますが、ふいんき(何故か変換できない)で自作しているので特に詳しい訳ではありません。
使っているケースはコルセアの漆黒のアルミヘアラインがカッコイイ550Dです。

買ったもの

マザボ B450 Steel Legend 12,500円 ツクモ
CPU Ryzen7-3700X 39,800円(ポイント10%) 楽天市場PCデポ
グリス Kryonaut 1g 700円 アマゾン
ついでに AINEX SATA用電源3分岐ケーブル 下L型コネクタ [ 23cm ] S3-1504SALA 800円 アマゾン

※B450のマザーボードはBIOSアップデートされていないとRyzen3000シリーズでは使えないようです。
アップデートする環境がない方はアップデート済みのものを買いましょう。
デフォルトで対応しているのは最新のB550だそうです。
B550の方が上位のチップセットになりますが、使わない機能が付いていてもしょうがないので安いB450を買いました。
あとAMDのCPUは型番にG付きの物でないと内蔵グラフィックス非搭載でビデオカード必須となります。

B450 Steel Legend 箱がでデカスギィィィィ!!

グリスはアマゾン売れ筋一位だったものを適当に買いました。
沢山あっても余るので少なめで。

ホロライブのファイルがおまけでついてきました。
うさぎはぺこーら好き。

組み替えます

今まで使っていたPCです。
CPU電源を裏配線していなかったり、SSDが固定されていなかったり等のオサレポイントが見受けられます。

マザボと電源を外しました。
5年くらい掃除していませんでしたがそんなに汚くないですね。

嘘です。
ファンの裏がヤバスギでした…。もう遅いですが閲覧注意です。
タバコは吸わないんですけど。

しょうがないのでケースはバラして掃除していきます。

綺麗になりました。
外に持ち出してエアダスター吹いたりしたのでかなり時間がかかりました。くそが。
ちなみに今回の作業に使った工具は右下の赤いドライバーだけです。

おNEWのマザボです。スティィィィィィィルレジェンドォ!!

CPUを付けます。
AMDはCPU側にピンが付いているのでちょっと緊張しますね。

右のレバーを上げます。

左下の△マークの位置を合わせて載っけます。

レバーを下ろします。
上から押さえつけてる訳ではないのでどうやってついてるんですかね?!
Intelだと押さえつけるようになっていますが。

付属クーラー:Wraith Prism

ここで緊急事態です。
今まで使っていたCPUクーラーがつかないことが判明しました。
ソケットAM4から取り付け位置が変わったらしいです…。
窓から投げ捨てました。
仕方ないのでリテールクーラーを取り付けます。
リテールと言っても付属されているWraith Prismは造りが良さそうです。
レインボーに光りますし。
さすがにIntelだったらリテールは付けません。
純正で塗布済みのグリスはスッポンの原因になるらしいので拭き取りました。

グリスを付けます。
ツクモたんによると米粒2粒くらいが適量のようです。
面倒なので綺麗に延ばしたりはしません。
写真撮った後に少ないような気がしたのでもう少し盛りました。

リテールのクーラーの取り付けは簡単です。
マザーボードにブラケットが最初から付いているので、左右のフックを取り付けて、

ロックレバーを締めるだけです。
簡単ですね。(ロックレバーが付いていない方のフックを掛けるのが固かった…)

付きました。
なかなかカッコイイです。
CPUファン電源を接続しました。
ファンのLEDコントロール用の配線もあるのですが、ケースを閉めると見えないので今回は配線しませんでした。面倒だったという訳ではありません。

ケースの配線をマザーボードの説明書を見ながら繋いでいきます。
なんでバラバラなんですかね?毎回キレそうになります。

フロントパネル類のケーブルを繋ぎました。
カードリーダーを追加で付けているのでその配線もしました。
マークし忘れましたが右上のケーブルがフロントUSB3.0のケーブルです。

このマザーボードはSATAコネクタが6個付いているのですが、大型のグラフィックカードを付けると上2のコネクタに被ることに気づきました。
先に取り付けておけば問題ないです。

組み終わったのでBIOS起動確認をします。
最小構成で起動確認を~、とかよく書いてありますが面倒くさいのでやったことありません。
メモリも全部挿しておきます。

電源のコンセントを入れただけでマザーボードが光り始めました。

無事起動しました。
初回起動時に読み込みに少し時間が掛ったのでやらかしたのかとビビりました。

Windows10のインストール

事前にマイクロソフトのサイトからUSBメモリのインストールメディアを作成しておきます。
挿して起動しただけで自動的にインストール画面が表示されました。
起動デバイスの指定等は必要ないようです。

プロダクトキーの入力が求められますが昔買ったWindows7のDSP版のキーで通ったみたいです。(2020年9月現在)
無償アップグレードがありましたからね。
Win7かWin8のキーがあればいけるらしいです。
キーの入力なしでも使えるという噂ですがライセンス違反の警告がでるのでそれも嫌ですからね。

ドライバのインストール

Windowsのインストールが終わったらドライバを入れます。
マザーボードに付属している古いバージョンのドライバはトラブルの原因になるという話をどこかで見たので使いません。
B450の最新のドライバをAMDのサイトから、GTX1070のドライバをNVDA!!のサイトからダウンロードして入れます。
あとAsrockのサイトからLanのドライバとオーディオドライバを入れました。(適当)

完成

配線を綺麗にしました。(当社比)(電源カバーが無いので今の時期は仕方ありません)
スペックまとめ的なやつ。

CPU:Ryzen7-3700X
GPU:ROG STRIX-GTX1070-O8G
MB:B450 Steel Legend
メモリ:CMK16GX4M2A2666C16×2
電源:RM650x
SSD:crucial MX500 1TB

メモリを色違いの物にしているところがオサレポイント()です。
今まではASUSのマザーボードを使っていましたが今回はコスパでAsrockを選んでみました。
特に問題なければリピートしたいと思います。

裏側は見なかったことにして蓋を閉めます。
タイラップで固定するとメンテンナンス性が悪くなるので固定しません。(面倒くさいという訳ではない)

AINEX SATA用電源3分岐ケーブル 下L型コネクタを付けてみましたが、ケースによってベイ間隔が違っているのでピッタリにはならないですね。
ちょっと長めです。

や~。
ここはディズニーランドか?と見間違うほどです。

動画もあるよ。

リテールクーラーWraith Prismの感想

見た目は滅茶苦茶綺麗~。
PCが宝石箱になりました。
噂によると3700X程度なら冷却性能は問題ないらしいです。
音は結構気になりますね。
BIOS設定でサイレントモードにしてみましたが負荷がかかるとすぐ唸ります。
ファンが9cmなんでしょうがないのかな。
もしかしたら12cmのクーラーに替えるかも。